Production ぼくは747を食べてる人を知っています。 "The man who ate the 747"


> photo
   
原作: ベン・シャーウッド
演出: 外輪能隆
作曲・ピアノ演奏: 大西有紀
会場: プラネットホール
日時: 2004.7.30~8.1
   
   
Cast

土本ひろき

阿部一徳

たきいみき

京ララ

虎走萌
 
Note
ぼくは747を食べてる人を知っています。

第28回大阪春の演劇まつり 作品賞受賞

エレベーター企画があえて挑戦した初の「エンターテイメント系ほろにがラブストーリー」
この作品では、ク・ナウカの看板俳優を含めた実力俳優陣を東京、大阪、奈良から迎え
多くの登場人物をたった5人で演じ分ける手法をとった。
3方向対応のフラットな舞台に5台の自転車が駆けめぐり
スピーディに場面展開するさまは、まるで青空に小型セスナが
舞っているかのような印象を観客に与え
生ピアノによる音楽効果は、シンプルな舞台を美しい
田園風景に変えた。
愛のために飛行機を食べる男と、それを取りまく人々――
この突拍子もないストーリー、個性的な役者と舞台美術を
見事にまとめあげ、「第28回大阪春の演劇まつり」で
11年ぶりとなる「作品賞」を獲得。
エレベーター企画にとって、プロデュース公演の新たな可能性を見いだす作品となった。


Voice
悲劇喜劇
庭のジェット機と「青木さん家」
 異様に暑い今年の夏だが、夏休みにあわせたワークショップや講座がよく開かれている。つめた稽古ができ、使用する施設に空きが多くなるためか、劇団公演も減っていない。夏の暑さにも負けず、というところか。

 エレベーター企画の公演『ぼくは747を食べてる人を知っています』PHOTO▼(原作/ベン・シャーウッド、脚本・演出/外輪能隆)は魅力的なタイトルだ。舞台化し難いと思われる小説を素材にして演劇的想像力を膨らませ、独特の緻密な世界を紡ぎ出す外輪の活動には毎回注目させられる。「747」とはジェット機ボーイング747のことだ。
 様々な世界記録を公認している出版社に投書が届いた。ぼくは747を食べてる人を知っています。興味をもった記録係のジェイ・ジェイが訪れた中西部の田舎町では、一人の農夫が、庭に不時着し置き捨てられたジェット機を粉砕機で粉にして食べていた。何のために?それは片思いの女性の気をひこうという、切ない愛の証しなのだった。
 しかしこの「至高の愛」の物語の主人公は、実はジェット機を食べる農夫ではなく、他人の作った記録を確認しながら、自分は全く平凡な人間だと自認しているジェイ・ジェイだ。世界記録の話題で町は世界の注目を浴びた。だが出版社は記録を公認しないことを決める。他所者によってかき回された小さな平和。その中で町の人たちはお互いをより思いやるようになり、ジェイ・ジェイは愛する人を見付けることが出来る。農夫も自分を見守っていた別の女性に気がついた。

 エレベーター企画の芝居の基本は、人の心理の奥にある自分でも知らない、知りたくない要素を、外科医の熟練したメスのように冷静に一刀ずつ切り開いて、舞台に示して行く。さらけ出すことは、押し込められていたものを解放する行為でもある。しかしそうした突き詰める視点の置き方は深まる程に狭まり閉塞し、緻密過ぎる舞台構成・進行とあいまって、観客の息を詰めさせる。今回の舞台で外輪は「エンターテインメントをやってやろう」と思ったそうだ。その「エンタメ」とはつまり、舞台の上だけが先に行くのでなく、観客の気持ちを楽な状態に置いて一緒に進み、人間がもつ辛い部分とホワッとした部分の両方に気づかせて行くことのようだ。中心人物という「個」の心の一点に向けて突き進むのではなく、何人もの登場人物の外に見える行動に視線を向け、それぞれを暖かく描き出して個に戻る。一人が何役も担当するコロス手法が、うまく作用している。特徴の無い白の衣装に統一したのもそのためだろう。いつもは静的な気分の強い芝居を作るが、今回は演技者たちが自転車に乗って動き回る。装置を使わず、自転車がいろいろなものに見立てられる。それが爽快なスピード感を招き、これも舞台を開放的にする大きな助けとなった。

 ジェイ・ジェイは自分に取り柄が無いと考え、傍らから現実を見ていようとする。だが町の人たちと触れあううちに自分の居場所に気づく。演じる土本ひろきは台詞も動きも巧みで、ある種の浮遊感をもつ役者だが、繊細な若者を静かに描き出す。阿部一徳(ク・ナウカ)の農夫は落ち着いた太い声で、素朴だが粗野ではない男の一歩一歩の生き方を示す。たきいみき、京ララ、虎走萌ら女性たちも巧みだが嫌みのない演技で、劇団が意図した「楽しめる」舞台を作り上げた。(7月31日 プラネットステーション)

 この舞台は今年の「大阪春の演劇まつり」の最後を飾り、圧倒的な好評を得て作品賞(大賞)を受賞した。なお他の受賞者は、男優賞/要(かなめ)冷蔵(劇団往来)、女優賞/柳辺育子(劇団息吹)、新人賞/島芳道(劇団未来)、スタッフ賞音楽・効果/劇団翠、美術/劇団ガバメンツ、企画賞/厄プロジェクトであることを、この場で記しておく。

 創立50周年を迎えるアカデミー児童劇団が、先輩格のNHK大阪児童劇団と合同公演を行った。『でいごの花咲くころ~沖縄戦に散った白梅隊の悲話~』(中村八大/音楽、竹内伸光/台本、筒井庸介/脚色・演出)。この劇団は「児童はすばらしい演者なんだ」と提唱して、演劇を人間教育の方法、可能性を自由に伸ばしてゆくものとしてとらえ、実践してきた。演劇がお稽古事のひとつになり、マスコミデビューすることを夢見てプロダクションの養成機関に通う子供たち、通わせる母親たちも多いが、アカデミーはあくまで演劇活動そのものに基盤を置いている。運営が大変だと思うが、まだまだ頑張ってほしい。

 『でいごの花咲くころ』は、沖縄戦に看護部隊として従軍した県立第二高女の学生(校章の"白梅"から「白梅隊」と呼ばれた)たちの悲劇を描いている。記念公演を華やかな作品でなくメッセージ性の強い作品で行うところに、この劇団の思想がある。子供たちに「戦争の悲惨さ」を描く芝居を経験させることで、非戦への決意、平和の大切さを体から受け止めさせようとしたのだと思う。戦争や原爆の恐ろしさとそれを繰り返させない決意を、いかに前の世代から引継ぎ、次の世代に伝えてゆくか、その大切な義務についてしばしば考えるが、こうした上演はその一つの方法である。前半の日常の暮らしと、後半の戦場での苦しさ怖さをはっきり分けて描き理解しやすい。舞台の上手に唱歌を歌う白梅隊、下手に軍歌を歌う少年たち鉄血勤皇隊を配し、叙情的な唱歌が軍歌に圧倒されてゆくことで情勢の緊迫を示す音楽面でのミュージカル手法も、定石的だがおさまっている。児童劇団員たちは落ち着いてはっきりと台詞をしゃべり、歌もしっかり歌えている。最近の子どもは音感も良く達者だ。よくそろった集団の動きが主で個々の演技は目立たないが、それで良いと思う。ただ私が気になるのは、被害者の側から見た、罪なくして死へと追いやられる少女たちの悲劇が可哀想なものとしてだけ描かれ、同時に加害者であった日本人、また彼女らを殺さなければならなかった「敵」の姿がまったく見えてこないことだ。国のために戦い死ぬことが当たり前とされていた時代だと、そういう説明はされるけれど、仕方無かったで留めず、批判があるべきだ。子供たちの舞台に坂手洋二の仕事ほどの強烈な視点は求めないけれど、バランスの取れた世界観の上で、子供たちに戦争という不条理を演劇において擬体験させて、平和への強い願いを持たせたい。(8月12日 NHK大阪ホール)

 南河内万歳一座が笑いたくなるくらい元気である。万歳一座の番外公演「○万」による「夏の青木さん祭り」で、内藤裕敬作の元祖『青木さん家の奥さん』、女性(アマゾネス)版『青木さん家の奥さん?』、そして劇団若手の皆川あゆみによる新作『青木さん家の奥さん1/2』の三作を連続公演している。南河内万歳一座から座長の内藤をひいたら何が残るかという問題意識が「○万」の出発点ということだが、まったく新しいものを作るというより、これまで内藤が切り開いて来た演劇的仕事を、荒谷清水をヘッドコーチにして新しい劇団員に見直させ、より良く引き継がせてゆこうという意図だと思う。内藤は関西小劇場シーンにおける自他共に許すカリスマだが、大手株式会社の社長より町工場の親父さんが似合う気遣いの人だ。「○万」の活動にもこの「家父長」の意図が反映されているだろう。

 酒屋の倉庫でアルバイトがイモの皮をむいている。先輩の店員たちが、青木さん家への配達伝票をめぐって言い争う。青木さん家の奥さんは憧れの人らしい。配達に行かせてくれと頼むバイトくんに、先輩たちは奥さんを楽しませるための独特の配達方法を特訓してゆく。『青木さん家の奥さん』という芝居は、設定とルールはあるが台本がない。役者たちは舞台の上で即興で台詞や動きを作って「芝居」を進行させてゆく。例えば伝票を盗られたという情況を、最初の者が面白おかしく話す。次の者はそれを受けてすぐに、輪をかけた突飛な話を作らなければならない。突拍子もない動きも即興だ。順番はしばしば狂わされるので気が抜けない。そして役者たちはその困難さを楽しんでいる。万歳一座の『青木さん家の奥さん』とは、題名でなく演劇手法・ジャンルになっている。こうした芝居作りは、芝居が止まってしまったり、収拾がつかなくなる危険をはらむ。そのために演出を担当する荒谷が、舞台に立ちながら進行役をつとめる。どんな風に笑いを作るか、誰にふるか、ダレる前にどこで切るか、はずした時はどう繕うか、時にはわざと困らせる。巧みな誘導で、絶句したり、的はずれの話が出たりもするけれど、舞台は止まらない。誰にどう突っ込めばどういう反応があるか互いによく知り合っている。この舞台を観ると、劇団のルーツに大阪芸術大学があることをあらためて思う。養成された即興性、悪びれない自己主張、先輩同輩後輩の共通感覚、サービス精神溢れる大阪人の口八丁手八丁。荒谷、三浦隆志、安宅慶太、福重友、鈴木こうによる舞台はいつ終わるのか心配になるほど伸び伸びとして、客席をわかせた。もっとも女性版である『?』ではこうは行かなかった。こちらは「青木さん」とはまるで関係なく、本番三日前に書きかけの台本を残して作家が消えてしまい、劇団員たちが芝居を作ろうとする設定。女優陣も即興性は負けていないけれど、それぞれの言葉が相手一人に向かってぼろかすに言う、で終わってしまう。なるほどそれであれば個人のところでとどまるから舞台全体が止まってしまう心配はないが、膨らんでゆく発展性も弱くなる。男性版にあった、おれがこんな爆弾を投げたら他の者はどうする、という開き直った冒険が、女性版にも欲しい。『?』は東京を含めてまだ多く上演されるから、変わってくることを期待する。『1/2』は都合がつかず。次回の機会を楽しみにする。(8月23日24日 ウィングフィールド)
文:神沢和明氏(悲劇喜劇2004年11月号より)
『劇場通い THEATRE GOERS' REVIEW (四九)』

「第28回大阪春の演劇まつり・まとめ」 今年度も去る4月10日から8月1日まで4ケ月に亘って「春の演劇まつり」が開催され、合同公演、プロデユース公演を数えると20以上の劇団が参加し、18本の演目が上演された。
小説からの脚色2本を合わせると書き下ろし11本、既存作品7本。歴史のある劇団を中心に全体的に高いレベルの作品が上演された。会場も上演No10は一心寺シアター倶楽、13は谷町劇場、16はフジハラビルで上演されたがそれ以外の15作品は全て森の宮のプラネットホールで上演された。

 4月になれば、週末森の宮に行けば芝居が観られる環境を作り続けたユースサービス大阪を核とする主催団体と参加劇団で構成される実行委員会の労を多としたい。

 大阪府の財政の困難な状況はマスコミにも何度も取り上げられているが、文化の火を守り、育てる為28回を数える春の演劇まつりがさらに長く継続できるような施策を強く望みたい。
 上演作品のうち5作品については既に当誌48号でも紹介されているが、全18作品を下記で取り上げる。

(中略)

エレベーター企画『ぼくは747を食べてる人を知っています』
[原作]ベン・シャーウッド[脚本・演出]外輪能隆 (七月三〇日夜)

 俳優,美術、小道具等演出の目が行き届いている。
乗り物としての自転車が効果的に使われ、人間の移動では表現できないスピード感があり総合的に完成度がたかい。自転車は車になり、椅子になり、状況の変化に応じて自在に変化し、違和感を生まない。「おれはあんたの気をひきたかった」と言う単純な行動が、747を食べることで表現するという男の想い。あなたのためにタージ・マハールを建てるというおとこの想い。それこそが至高の愛の物語り。と銘打ったエンターテイメント。人の心に大切なものを届ける方法は単純なことが最も力を発揮する、とあらためて思う。

 土本ひろき、阿部一徳、たきいみき、京ララ、外輪能隆という存在感のある俳優陣に交じり14歳の虎走萌も充分対応力を発揮、完成度を高める為の役割を充分果たした。(初日はピアノ生演奏つき)
文:一村 晰氏
『劇場通い THEATRE GOERS' REVIEW (四九)二〇〇四年 九月一五日発行』より抜粋


『劇場通い THEATRE GOERS' REVIEW (四九)』
『第28回04年・大阪春の演劇まつり』を観て

 今年も参加20劇団による18演目の多様な舞台に接することが出来ました。その個々の舞台については米村さんが具体的に評していますので、その18の舞台全体を通しての思いを簡単に記させて頂きます。まず、結論から云いますと、個々のその内容と劇への姿勢です。其の劇を上演する当事者(劇団)と、その『劇(作品)』との関わり方です。劇団の多くが(特に若い人達の劇団が──)上演する作品(戯曲)そのものの内容と、各々の距離の近さに驚きます。それは戯曲の内容(世界)と直接関係しています。既成作品は5作品。1作品は既成推理小説の脚色。そして、12作品がオリジナル作品であったことに直接つながります。劇(戯曲)自体の内容はとも角、それは劇への積極的姿勢だと見ることが出来た様にも思います。そして、その各々の思いが託された劇作品(舞台)に、一様に《個的な世界》への傾斜が見えたところに、今年の(実は今年だけの事ではありません)特色というか、或る一つの傾向を観た様に思います。劇が対社会的課題、世の中の情況、或いは生活とつながっての問題が各々の劇に込められて在った、かつての時代の劇の在り様とは大きく変化を見せるその所に、今、我々が《劇をスル》ことの課題が大きく横たわっているのではないか、という思いがします。《劇をスル》ということは、スキ、キライ、無関心、いずれの姿勢に関わらず、『観客』という他者に観てもらう(観客が存在する)ことで成り立つ行為です。その限りに於いて《社会的行為》です。その認識に立って、次への劇作り、劇への行動につないでいって欲しいと念じること頻りです。既成作品による5つの舞台と併せて、劇が身近な事柄への興味に即した劇作品であったにも拘わらず、それら劇の世界が、あくまでも「表現」(その出来不出来は別として)あるいは「劇」のための行為として、自己との距離の近さにも拘わらず、『創り出された世界』──お話、物語り──であったところに、逆に『今』という時間での劇への行為の有り様と、劇をスルことの課題を見ることが出来たと云えます。

 さて、あと先が逆になりましたが、参加20劇団中、新しく参加した劇団は6劇団。14劇団が昨年に続いての参加だったことは嬉しい事でした。そうした反面、「春演」を立ち上げ、その中心として支えて来た「劇団大阪」「劇団きづがわ」が不参加だったことは、今年のプログラムに或る淋しさを感じさせました。その事と、「春演」は春の演劇の《お祭り》である筈ですのに、心をわくわくと揺さぶる楽しさ、触発する舞台、劇へ引き寄せる劇的な動き、高揚感が見られなかったのが残念です。そして、ちんまりとプラネットのステージに納まり、収束されていく舞台が殆どだったのも残念でした。観客を挑発する様な舞台が欲しかったのは、筆者一人だけの思いでしょうか。《劇》と《演》の文字の本来の意味に思いを馳せながら……。(04/8/16)

 さて、今年の各部門への受賞された方々は、次の通りです。今年はこれ迄、受賞の無かった『作品賞』(舞台全体の成果、出来への総合賞)が初めてありました。これも今年の舞台の成果のあらわれの一つです。

1.作品賞 エレベーター企画『ぼくは747を食べてる人を知っています』
2.男優賞 要 冷蔵(劇団往来)
3.女優賞 柳辺 育子(劇団息吹)
4.男優新人賞 島 芳道(劇団未来)
5.女優新人賞 該当なし
6.スタッフ部門 音楽・効果 劇団翠
7.スタッフ部門 美術 劇団ガバメンツ
8.企画賞(特別賞) 厄プロジェクト
文:粟田 右氏
『劇場通い THEATRE GOERS' REVIEW (四九)二〇〇四年 九月一五日発行』より抜粋


<<< PREV NEXT >>>

2018.07

女優ものがたり "Actress Story"

シアターカフェ Nyan
> more
> photo

2017.08

売り言葉 "urikotoba"

芸術創造館
> more

> photo[S] > photo[A] > photo[B]

2017.01

タトゥー "tätowierung"

シアターカフェ Nyan
> more

> photo

2015.11

黒い湖のほとりで "Am Schwarzen See"

Creative Center OSAKA 4F
> more

> photo

2015.02

2015年2月公演

パシフィック・シアター
> more
> photo

2014.09

タンタジルの死 "The Death of Tintagiles"

フジハラビル地階ホール
> more
> photo

2013.08

祈り "Prayer"

アトリエ劇研
> more
> photo


2013.05

戦場のピクニック "Picnic on the Battlefield"

日暮里 d-倉庫
> more

> photo

2012.12

きしだざい "KISHIDAZAI"

徳通寺本堂
> more
> photo

2011.09

アンソロジー5 五重奏 "anthology5,Quintet"

月眠ギャラリー
> more
> photo

2010.10

FOG "FOG"

芸術創造館
> more
> photo

2009.12

桃サンド "MOMO SAND"

シアターカフェ Nyan
> more
> photo


2009.11

VOY "VOY"

芸術創造館
> more
> photo
HAT
 RAW

2009.5

マタハナス。 "MATAHANASU"

シアターカフェ Nyan
> more
> photo

2008.12

新ハムレット  "Shin Hamlet"

舞台芸術公園BOXシアター
> more
> photo

2008.2

後瀬の花・安穏河原 "NOCHISENO HANA, ANNON KAWARA"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2007.11

ベルナルダ・アルバの家 OPERA "LA CASA DE BERNARDA ALBA (opera)"

芸術創造館
> more
> photo

2007.1

ベルナルダ・アルバの家 "LA CASA DE BERNARDA ALBA"

タイニイアリス
> more
> photo

2006.7

バーサよりよろしく "HELLO FROM BERTHA"

韓国密陽市密陽演劇村
> more
> photo

2006.5

動かないで "Non ti Muovere"

black chamber
> more
> photo

2006.1

幽閉 "MERCURE"

アリス零番舘-IST
> more
> photo

2005.9

私が語りはじめた彼は "WATASHIGA KATARIHAJIMETA KAREHA"

芸術創造館
> more
> photo

2005.4

アテルイ "ATERUI"

<仮設劇場>WA
> more
> photo

2005.1

アンソロジー4multiple "anthology 4 multiple"

フジハラビル
> more
> photo

2004.10

授業 "La Leson"

アリス零番舘-IST
> more
> photo

2004.8

授業 "La Leson"

利賀芸術公園スタジオ
> more
> photo

2004.7

ぼくは747を食べてる人を知っています。 "The man who ate the 747"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2004.4

花野-invierno- "HANANO"

こまばアゴラ劇場
> more
> photo

2003.8

マクベス "Macbeth"

利賀芸術公園特設野外劇場
> more
> photo

2003.2

出口 "deguchi"

トモノス中央
> more
> photo

2002.11

喪われゆく君に "USHINAWAREYUKU KIMINI"

應典院本堂ホール
> more
> photo

2002.7

うつろな恋人 "UTSURO NA KOIBITO"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2002.3

紙風船 "KAMI FUSEN"

下北沢「劇」小劇場
> more
> photo

2002.2

近代愛 "KINDAI AI"

芸術創造館
> more
> photo

2002.1

アンソロジー3 トーキョー "anthology 3 TOKYO"

こまばアゴラ劇場
> more
> photo

2001.12

アンソロジー3 オーサカ "anthology 3 OSAKA"

應典院本堂ホール
> more
> photo

2001.10

ミッドナイトコール "midnight call"

トモノス中央
> more
> photo

2001.8

しらみとり夫人 "The Lady of Larkspur Lotion"

利賀芸術公園利賀山房
> more
> photo

2001.4

透闇-tou・on- "TO-ON"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2001.4

透闇-tou・on- "TO-ON"

こまばアゴラ劇場
> more
> photo

2001.2

熱き死者、夜の訪れ "ATSUKI SHISYA,YORUNO OTOZURE"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2000.11

紙風船 "KAMI FUSEN"

トモノス中央
> more
> photo

2000.9

バーサよりよろしく "HELLO FROM BERTHA"

利賀芸術公園新利賀山房
> more
> photo

2000.9

話す。 "HANASU"

cream room
> more
> photo

2000.8

バーサよりよろしく "HELLO FROM BERTHA"

利賀芸術公園新利賀山房
> more
> photo

2000.7

アンソロジー2 "anthology 2"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2000.3

エレベーターTokyo2000 "ELEVATOR TOKYO2000"

こまばアゴラ劇場
> more
> photo

1999.12

フラミンゴ・ガーデン "flamingo garden"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

1999.6

フラミンゴ "flamingo"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

1998.11

声 "voci"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

1998.7

アンソロジー "anthology"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

1998.1

エナメルのコート "enamel cort"

カラビンカ
> more
> photo

1997.10

アーノルドクロンベックの話 "The Arnold Crombeck Story"

THホール
> more
> photo

1997.9

ゴリヴォーグのケークウォーク "golliwogg's cake-walk"

メイシアター
> more
> photo

1997.3

あたま山心中 "ATAMA YAMA SHINJU"

ウイングフィールド
> more
> photo

1997.1

エレベーター再演 "ELEVATOR"

ウイングフィールド
> more
> photo

1996.1

エレベーター "ELEVATOR"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo
Last Update 16/02/14