Production アンソロジー3 オーサカ  "anthology 3 OSAKA"


> photo
   
   
脚本/演出: 外輪能隆
会場: 應典院本堂ホール
日時: 2001.12
   
應典院ウイークデイシアター参加
   
   
Cast

大野美伸

土本ひろき

松本喜美子

馬渕友希

福尾葉子

細江祐子
Note
「紙風船」
出演:土本ひろき 大野美伸
2000年11月、稽古場にて上演された作品の再演。50年以上も前に岸田國士によって発表されたこの作品か

「あの時のあの人は何をやっているんだろう」
出演:馬渕友希
ぼんやりとすごす、ある日の午後。とりとめもなく浮かんでは消える、思いの端々。淡々と進む日常の中でおこる小さな波紋に、少しだけからめとられた女の瞬間を描きます。

「夜桜」
出演:福尾葉子(ザ・ヤングドーナツ)細江祐子 土本ひろき
おりたった故郷で、同級生と偶然再会した。桜は満開、しかし花冷えがしみる。二人は「恋をすることだけにふるえたあの季節」に想いをはせながら、ひとりは旅立ってゆき、ひとりは立ちつくすのだった。

「ダンスしないか?」
出演:松本喜美子 土本ひろき 外輪能隆
ガレージセール?庭に並べられた数々の品物。それをながめるカップルと、品物を売っている(のであろう)男。寂寞とした雰囲気の中におりこまれた、かすかなエロチシズムを感じさせる作品です。

「花嫁」
出演:松本喜美子 大野美伸
ウエディングドレスを買った帰りに交通事故をおこしてしまったエルケと、ぶつけられたフランツィスカ。まったく対照的な二人の女性が、ウエディングドレスを介して次第にうちとけてゆく暖かい物語です。


Voice
習慣HIROSE 文:広瀬泰弘氏

アンソロジー3
 5つの短いお話しのアンソロジー。岸田國士からレイモンド・カヴァー、とっても上手いセレクションだ。次回のクラシックルネサンス近代愛のプレビューみたいな面もあり、いつもながら、めちゃくちゃうまい。並べ方のセンスもいい。
 1話と5話は再演だが、昨年見た「紙風船」なんて、空間の違いと、アンソロジーの1本目という位置もあり、かなり違う印象の作品に仕上がった。この5つの物語の示す方向性をこのエピソードがきちんと定義付ける。何もないのに、ほんのすこし不幸な人たち。初演の時、この夫婦はもっと幸せに見えたのに、今回はすこし不幸に見える。それくらいに微妙な揺れが描かれる。あとの4本も、もっとはっきり方向が示されているだけにこの1本目のきわどさはすばらしい。ほんというとこの2人は幸せでも不幸でもない。ただなんとなく日常の退屈をもてあましている。それだけのことなのだ。そしてそのことを彼らは喜びもしないし悲しんだりもしない。人はそんなふうにして生きているからだ。なぜ今回は不幸の方に揺れてしまったのか、それは空間の問題なのである。トモノス中央の狭い空間と今回の應典院の差、それが作品の印象をこんなにも変える。それは外輪さん自身もわかっていることだろう。
 短い2話をはさんで3話目は、とてもはっきりとした孤独がきちんとした言葉で綴られていく。役者もいつものレギュラーを使わずに、エレベーターっぽくない。その違和感もまた自分たちの持ち味にしてしまう、もう自由自在だ。
 そしてラスト2本は、いつものメンバーでいかにも外輪さんらしい透明感のある物語をしっかり見せる。緩急をつけメリハリのしっかりした構成でトータルなイメージを提示するのは、東京公演も意識した戦略なのかもしれないが、きっとあまり考えず無意識にしているのだろう。
 あたりまえの日常を生きていく僕らの中にある孤独、さみしさというのは、こんなふうに淡いものなのかもしれない。ストーリーではなく何もないからっぽの空間がきわだっている。そこに一人、二人、ぽつりとたたずみ言葉を交わす。2時間があっという間のことに思えた。
(01.12.12 7:30~ 應典院)

 

<<< PREV NEXT >>>

2018.07

女優ものがたり "Actress Story"

シアターカフェ Nyan
> more
> photo

2017.08

売り言葉 "urikotoba"

芸術創造館
> more

> photo[S] > photo[A] > photo[B]

2017.01

タトゥー "tätowierung"

シアターカフェ Nyan
> more

> photo

2015.11

黒い湖のほとりで "Am Schwarzen See"

Creative Center OSAKA 4F
> more

> photo

2015.02

2015年2月公演

パシフィック・シアター
> more
> photo

2014.09

タンタジルの死 "The Death of Tintagiles"

フジハラビル地階ホール
> more
> photo

2013.08

祈り "Prayer"

アトリエ劇研
> more
> photo


2013.05

戦場のピクニック "Picnic on the Battlefield"

日暮里 d-倉庫
> more

> photo

2012.12

きしだざい "KISHIDAZAI"

徳通寺本堂
> more
> photo

2011.09

アンソロジー5 五重奏 "anthology5,Quintet"

月眠ギャラリー
> more
> photo

2010.10

FOG "FOG"

芸術創造館
> more
> photo

2009.12

桃サンド "MOMO SAND"

シアターカフェ Nyan
> more
> photo


2009.11

VOY "VOY"

芸術創造館
> more
> photo
HAT
 RAW

2009.5

マタハナス。 "MATAHANASU"

シアターカフェ Nyan
> more
> photo

2008.12

新ハムレット  "Shin Hamlet"

舞台芸術公園BOXシアター
> more
> photo

2008.2

後瀬の花・安穏河原 "NOCHISENO HANA, ANNON KAWARA"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2007.11

ベルナルダ・アルバの家 OPERA "LA CASA DE BERNARDA ALBA (opera)"

芸術創造館
> more
> photo

2007.1

ベルナルダ・アルバの家 "LA CASA DE BERNARDA ALBA"

タイニイアリス
> more
> photo

2006.7

バーサよりよろしく "HELLO FROM BERTHA"

韓国密陽市密陽演劇村
> more
> photo

2006.5

動かないで "Non ti Muovere"

black chamber
> more
> photo

2006.1

幽閉 "MERCURE"

アリス零番舘-IST
> more
> photo

2005.9

私が語りはじめた彼は "WATASHIGA KATARIHAJIMETA KAREHA"

芸術創造館
> more
> photo

2005.4

アテルイ "ATERUI"

<仮設劇場>WA
> more
> photo

2005.1

アンソロジー4multiple "anthology 4 multiple"

フジハラビル
> more
> photo

2004.10

授業 "La Leson"

アリス零番舘-IST
> more
> photo

2004.8

授業 "La Leson"

利賀芸術公園スタジオ
> more
> photo

2004.7

ぼくは747を食べてる人を知っています。 "The man who ate the 747"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2004.4

花野-invierno- "HANANO"

こまばアゴラ劇場
> more
> photo

2003.8

マクベス "Macbeth"

利賀芸術公園特設野外劇場
> more
> photo

2003.2

出口 "deguchi"

トモノス中央
> more
> photo

2002.11

喪われゆく君に "USHINAWAREYUKU KIMINI"

應典院本堂ホール
> more
> photo

2002.7

うつろな恋人 "UTSURO NA KOIBITO"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2002.3

紙風船 "KAMI FUSEN"

下北沢「劇」小劇場
> more
> photo

2002.2

近代愛 "KINDAI AI"

芸術創造館
> more
> photo

2002.1

アンソロジー3 トーキョー "anthology 3 TOKYO"

こまばアゴラ劇場
> more
> photo

2001.12

アンソロジー3 オーサカ "anthology 3 OSAKA"

應典院本堂ホール
> more
> photo

2001.10

ミッドナイトコール "midnight call"

トモノス中央
> more
> photo

2001.8

しらみとり夫人 "The Lady of Larkspur Lotion"

利賀芸術公園利賀山房
> more
> photo

2001.4

透闇-tou・on- "TO-ON"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2001.4

透闇-tou・on- "TO-ON"

こまばアゴラ劇場
> more
> photo

2001.2

熱き死者、夜の訪れ "ATSUKI SHISYA,YORUNO OTOZURE"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2000.11

紙風船 "KAMI FUSEN"

トモノス中央
> more
> photo

2000.9

バーサよりよろしく "HELLO FROM BERTHA"

利賀芸術公園新利賀山房
> more
> photo

2000.9

話す。 "HANASU"

cream room
> more
> photo

2000.8

バーサよりよろしく "HELLO FROM BERTHA"

利賀芸術公園新利賀山房
> more
> photo

2000.7

アンソロジー2 "anthology 2"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

2000.3

エレベーターTokyo2000 "ELEVATOR TOKYO2000"

こまばアゴラ劇場
> more
> photo

1999.12

フラミンゴ・ガーデン "flamingo garden"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

1999.6

フラミンゴ "flamingo"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

1998.11

声 "voci"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

1998.7

アンソロジー "anthology"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo

1998.1

エナメルのコート "enamel cort"

カラビンカ
> more
> photo

1997.10

アーノルドクロンベックの話 "The Arnold Crombeck Story"

THホール
> more
> photo

1997.9

ゴリヴォーグのケークウォーク "golliwogg's cake-walk"

メイシアター
> more
> photo

1997.3

あたま山心中 "ATAMA YAMA SHINJU"

ウイングフィールド
> more
> photo

1997.1

エレベーター再演 "ELEVATOR"

ウイングフィールド
> more
> photo

1996.1

エレベーター "ELEVATOR"

森ノ宮プラネットホール
> more
> photo
Last Update 16/02/14